臨床実習指導員として1年間チャレンジ

 

10年以上前になります。

 

 

大学病院を退職した時、次の就職先を教育現場に変更しようか悩みました。大学系に長く従事した事もあり、学生を担当する事が多く、抵抗を感じなかったのです。

 

 

学生の新鮮な眼から発せられる発言は、現場で働く看護師には大きな気づきに繋がる事があります。教員資格を持っていなかったので、臨床実習指導員として1年間チャレンジしました。

 

 

病棟時代は受け持ち学生の計画をチェックしながら、そこで会話される内容、一つ一つの行動、家族が来院する時間など、詳細な場面を想像しながら注意を与えました。

 

 

どのような事がトラブルに発展するのか、予測がつかないからです。

 

 

学生を担当すると、常に頭の片隅に学生の行動と患者様への影響を考えながら、タイミングを見ては病室に伺いました。臨床実習指導員は、学生を担当する病棟看護師に任せるしかない部分が多いのは仕方ない事です。

 

 

臨床実習指導員になって、学生に当日の実習をフィードバックさせ、次の計画に結びつけ、活字に出来るか、これは臨床とは全く異なる大変な作業でした。計画が出来ないと実習に出す事は出来ず、単位に響き、また、学生担当看護師の足を引っ張る事になります。

 

 

それは学生を担当した看護師にとって、受け持っている患者様全体に負担を与える事になります。また、これらの事を強く学生に言い過ぎると、学生が焦り、混乱し、思考がスムーズに進まなくなります。

 

 

うまく計画が立案出来ない学生は、個別指導となり、学校での実習指導の難しさを痛感しました。