看護師で独身ないし子なし時代は夜勤交替要員?

 

これまでの看護師経験を振り返ってみても、独身一人暮らし時代は、明らかに夜勤交替要員でしたね。

 

 

確かに働いた分の手当てはちゃんともらえますし、私の新卒時代の持ち場は比較的、夜は静かでしたのでそれほどまでには夜勤がイヤではなかったのですね。でもそれも働いて数年までです。

 

 

やっぱり年齢とともに「まだこんな生活が続くんだ〜〜〜」と思うようになり、夜勤が多少きつくは感じまるようになりましたね。それに結婚してからの生活なら尚更です。やっぱり一人暮らし時代とは自由度が違いますから、独身時代と比べたら夜勤もキツイと感じることがありますからね。

 

 

ある程度ですが、好きなときに寝て好きなときに食べてと、割り合い自分の自由気ままに生活していたとはいえ、やっぱり心のどこかで相方に気を遣っている部分が出てきてしまうものです。

 

 

旦那の帰宅時間がいついつまでだから、寝るのは何時までだなー」とか、「明日のために、もうそろそろ寝とかなきゃいけないなー」などと考えますからね。

 

 

気を遣わない相手とは口では言っていても、思いやり的な意味合いもあって、やっぱり同居人のことは考えるのは当然のことですからね。だから、やっぱり独身の一人暮らし時代とは全然違うわけです。

 

 

それでも、子どもがいない段階では「○○さ〜ん、悪いんだけど、この日変わってもらえる?お願いしますね。」と、交替の要請をされますよね。まあ私は変わりますけれど、「また私、狙われてるなー」と感じることは、あんまり気分が良くなかったりも…なんてね。

 

 

まあ、子供ができればこういったことは無くなるんではないかと思っています。まだこどもを作る予定はありませんが、私の希望としては3人は欲しいなっと考えています。