キャリア形成の希望と転職支援会社の利用

 

ナースフル今でも定期的に看護学校当時の仲間と連絡を取り合っています。お互いの近況や看護師としての情報交換にとても役立っています。その結果、以前の勤務先の待遇があまりよくないことがわかりました。

 

 

おまけにその職場で働き続けたとしても、あまりキャリア形成がも込めなさそうに思えました。当初、ハロワで新しい職場探しをしようと思っていましたが、看護師仲間のアドバイスでインターネットから登録して仕事を探す求人会社で探すことに決めました。

 

 

そこで求人会社として実績のあるナースフルナース人材バンクに登録をして、結局ナースフルで仕事を見つけて無事転職をしました。

 

 

当時は看護師として基本的なことができる程度の技量だっただけに、転職はとても不安がありました。そのような時期に転職コーディネーターがさまざまな可能性のある総合病院での勤務を紹介してくれました。

 

 

多くの診療科目があるので、その中から自分に合った働き方が必ず見つかるだろうということでした。

 

 

またこれまでよりも福利厚生が充実していたので、短期的に仕事に不満があったとしても、将来のことも見据えてじっくりと腰を据えた仕事への取り組みができると感じました。

 

 

もし当時、友人たちと仕事の話をしなかったり、コーディネーターからの転職の紹介を受けていなかったら、いつまでも乏しい技術のままの看護師だったかもしれません。

 

 

それに伴い、収入面や将来に制約が出てきたはずなので、転職に踏み切って本当に良かったです。